セキュリティソフト 無料
有料セキュリティソフト比較
ネット犯罪の事例と対策 DaddyCop

スパイウェア、ウィルス、Winny、迷惑メール対策、
ワンクリック詐欺対策
携帯メールの安全利用方法
パソコンのセキュリティ対策

セキュリティソフト比較

ホーム
個人情報の扱い
お問合せ
about us
ネットセキュリティブログ
セキュリティ対策用外付けHDD

セキュリティソフト最新情報

セキュリティソフトの比較 |  スパイウェア駆除対策 |  フィルタリング・ソフト

ネットの安全対策

迷惑メール受信拒否・携帯編 |  迷惑メール対策 (spam) |  無料ウィルス・スキャン
セキュリティソフト選び方 |  家庭でのセキュリティ設定

ネットセキュリティ犯罪

ネット犯罪事例一覧 |  ワンクリック詐欺 |  フィッシング詐欺 |  迷惑メール |  ウィニー
コンピュータ・ウィルスの常識 |  架空請求文例集 |  危険なオンラインゲーム |  ネットオークション詐欺

ネット犯罪に遭った時

ネット被害の告発方法 |  ネット犯罪の法律集と相談窓口リスト

パソコンの困ったとき

ブロードバンド回線の選び方 | ネットコンピュータ・トラブル対応 |  データ・バックアップの方法パソコンの選び方
NTT西日本Bフレッツガイドレンタルサーバーの選び方

無料のセキュリティソフト、セキュリティ対策方法

【Google パック】ダウンロードサイト

セキュリティソフトが無料のGoogle Packサービス
アンチウィルス、アンチマルウェアとアンチスパイウェアの無料セキュリティソフトで、シマンテック社のノートンSecurity Scanと、 スパイウェアドクターが入っている。
最新定義ファイルへの更新とスキャンのスケジューリング機能があり、すべて無料提供。
未対策の人は、まずは、無料のこれらのセキュリティソフトで、対策をとっておこう。

初歩のセキュリティ対策:無料ウィルススキャン

セキュリティソフト未導入のパソコンで以下の症状が出たら、 まずは、無料のオンライン・スキャンでチェック!

  • 動作速度が遅くなる
  • メモリが不足する
  • 画面上にメッセージが表示される(反戦、宗教、政治など)
  • 画面上にグラフィックが表示される(アニメ、絵、図形など)
  • 画面上のテキストやグラフィックが崩れる
  • データが破壊される(システム情報、ファイル情報など)
  • プログラムファイルのサイズが大きくなる
  • プログラムが実行不可能になる
  • ファイルが削除される(プログラムファイル、データファイルなど)
  • 通信ポートやプリンタポートの動作がおかしくなる
  • キーボードから正しく入力ができなくなる
  • ハードウェアの基本設定がリセットされる、またはおかしくなる(CMOS情報)
  • 音が鳴りだす(音楽、擬音など)
  • 保存したデータファイルにテキストが書き足される
  • 勝手にインターネットに接続しようとする
  • ダイヤルアップの接続先が変更されている

無料のオンライン・スキャン

セキュリティソフト未導入の場合で、上記症状が出たら、アンチウィルスソフト会社の 無料のウィルススキャンでチェック!
ただし、これらのサイトはキャンしてウィルスを見つけるだけで、多くの場合は除去できない。 ウィルスが見つかったら、「セキュリティソフトを購入の上、除去」が必要。

無料のスパイウェア対策ソフト

セキュリティソフトでも、ウィルス対策とスパイウェア対策は別々に必要。 無料のスパイウェア対策では、Microsoftのスパイウェア対策ソフトが優れもの。

子供をネット犯罪から守る予防法

子供が、親の知らぬ間にインターネットやパソコンにはまり、 被害者・加害者にならないためには、キチッとした予防策による監視が必要です。
パソコンの全ての利用状況を正確に記録し、 不正使用やファイルアクセスなどをチェックしておくことは、特に家庭での管理に必要です。
以下のソフトが、格安でおススメです。

セキュリティソフトの基本情報サイト


スパイウェア・ウィルスの90%は迷惑メールから

コンピュータウィルス

  • 大半は迷惑メールと怪しいダウンロードサイト、特に圧縮ファイルを解凍した途端に侵されるケースや、 電子メールの添付ファイルでやってくるものが多い。
  • これらの多くは、自動的にメールソフトのアドレス帳を参照して勝手に自分の分身を送信してくる。
  • WebやFTPで公開しているプログラムや文書ファイルにウィルスが付着、というケースも発生。

スパイウェアによるコンピュータへの不正侵入

  • ネット接続のパソコンの内、既に80% もが何らかのスパイウエアが侵入。
  • ユーザーには侵入されているかどうかを判断できない。
  • 最近のスパイウエアはかなり高度化していて、インターネット常時接続のユーザーは、セキュリティソフトでの対策が必須。

大量の無差別な迷惑メール(SPAM)

  • 大手メールアドレスブローカーでは何十万単位のアドレスを保有。このメールアドレスが企業間で売買。
  • 無差別ダイレクトメール(SPAM:スパム、迷惑メール)の大半は、これらの名簿による。
  • アメリカをはじめ一部の国ではこのようなSPAMを法律で規制、あるいは禁止。
ネットセキュリティ対策トップ
Google
Web daddycop.com

デル株式会社 【SOHO法人様向け】デル・イチオシページ(デスクトップ) デル株式会社