迷惑メールをシャットアウト:スパム対策の方法

スパムメールが来た!  そのアドレスは既に【闇のメールアドレス市場】に出回っている。
もはや、そのメールアドレスを放棄しない限り、根本的に遮断する術はない。
この場合の自衛手段

迷惑メール(スパム)の対策方法

ブラウザでの迷惑メール対策(スパムフィルタ)

各ブラウザのフリーメールを利用した場合、 さまざまな迷惑メールのパターン、送信元、何度も同じ内容が送られてきた場合の同一性など、 多方面からの検証によって、迷惑メールを判断し、スパムメールを読む前に、 メールボックスから消してしまう機能が有用だ。

プロバイダでの迷惑メール対策

  • メールサーバがメールを受け取るときに、迷惑メール対策ソフトウェアにより、 スパムメールを取り除くサービスを行っているプロバイダーもある。
  • プロバイダーでの、迷惑メールフィルター性能は、上記ブラウザ提供の迷惑メールフィルター性能に比べると、かなり弱い。
  • 誤って、スパムメールではないメールまで除去してしまう場合が多い。
  • メーリングリストから送信されてくるメールなどは、プロバイダにメーリングリストのメンバが多い場合、 同じ内容のメールが一度に大量に送信されるため、 迷惑なスパムメールと誤って除去してしまうことがある。
  • ロバイダー提供の迷惑メールのスパムフィルターに関しては、 現在のところ、あまり期待しないほうがよい。

迷惑メール = スパム(spam)とは?

  • 同じ内容を複数の人に送る迷惑メールをスパムメールという。
  • 迷惑メールは、スパムメールとして第三者のサーバを中継して発信されることが多く、 メールサーバのセキュリティをしっかり行っていないと、気が付かないうちに迷惑メールの中継者になってしまう場合も多い。
  • こうした不正利用される第三者のサーバを踏み台と呼ぶ。
    スパムは、受信者側にとって迷惑なものであるため、 踏み台となった組織は対外的に信用を損なうことにもなる。
  • SPAM はもともとは アメリカのHormel Foods 社のハムの缶詰製品で、TVコメディの中で 手抜きで作る料理には、どれにも SPAM が使用されていて、 それに嫌気がさした旦那さんが 「こっちも SPAM、あっちも SPAM(どれを見ても同じ SPAM が 入っている料理ばかりだ!)」 と言ったのが語源とされている。
  • これから、SPAM は 同じような内容を何度も何度も送信することを示しています。
  • (余談) SPAM の缶詰を作っている Hormel Foods 社では 「SPAM は登録商標なので、 迷惑メールの意味では spam と小文字で使ってくれ」 と主張している。

迷惑メールのフィルタ機能を自分のパソコンで使う

  • 絶えず迷惑なダイレクトメールが送られてくる場合に有効。
  • この迷惑メールフィルタ機能とはメールソフト固有の機能で、 題名や送信者、本文などの特定文字列を識別
  • その迷惑メールを別フォルダに移動して振り分けたり削除する、という操作が自動的にできる。
  • ブラウザが提供する迷惑メールフィルタ機能に比べると、かなり性能が落ちる。

Outlook Express 5 Windows版の迷惑メール・フィルター

特定の送信者のメールを自動的に削除する方法

  1. フィルタしたい迷惑メールを受信メール一覧から選び、
  2. 【メッセージ(M)】→【メッセージからルールを作成】を選ぶ。
  3. 【新規のメッセージルール】ウィンドウが表示される。
    ここではルールの条件と動作を指定する。
    たとえば、ある特定の送信者の迷惑メールを自動的に削除したい場合
  4. 【1.ルールの条件を選択してください】の欄で
    【送信者にユーザーが含まれている場合】をチェックする。
  5. 次に【2.ルールのアクションを選択してください】の欄の【削除する】をチェックする。

Outlook Express 5 Mac版の迷惑メール・フィルター

特定の送信者のメールを自動的に削除する方法

  1. フィルタしたい迷惑メールを受信メール一覧から選び、
  2. メニューバーから【ツール】→【ルール】を選ぶとルールウィンドウが表示される
  3. ここで【新規】をクリックして【条件】と【アクション】を指定する。
  4. 【条件】のプルダウンメニューから【差出人が】を選び
  5. 右側の入力ボックスに差出人のメールアドレスを指定する。
  6. 次に【アクション】のプルダウンメニューから【メッセージを削除】を選ぶ。

迷惑メール対策:プロバイダーの協力を要請する

  • 月に何十通ものダイレクトメールを無法な迷惑メールと知り大量に送りつけたり、同じ内容のものを何回も送信する業者もいる。
  • 迷惑メールを受け取っている場合は、送信元となるインターネットプロバイダーなどに連絡をとり、 迷惑なダイレクトメールを大量に送信しているユーザーがいる旨連絡をし、必要な措置を講じてもらいましょう。
  • 大抵の悪質なダイレクトメール送信者は、迷惑行為を承知の確信犯ですので、 正規のメールアドレスではなく一時的に取得したフリーメールを使って送信してきます。
  • また、本当の送信元を隠すために、他のメールサーバーを勝手に中継するような手も使います。
    このような場合は、受信したメールのヘッダー情報 を元に、犯人が実際に利用したと思われるプロバイダーやネットワークを突き止める必要がある。

メールヘッダーから迷惑メール発信者を突き止める

メールヘッダの出し方・見方

  • メールヘッダにはそのメールの送信元,送信先,経由したサーバなどの情報が記録されている。
  • メールヘッダの出し方 はメールソフトによって違いますが、詳しくは各ソフトのマニュアルやヘルプを 参照してください。
  • このメールヘッダにより相手先を特定する調査がスムーズになる。
  • ヘッダー情報からわかるのは次の項目。
    Return-Path: 返信先メールアドレス
    Received: 経由したインターネット上のサーバー情報
    Messege-ID: このメールのメッセージIDとコンピュータ名
    From: 差出人のメールアドレス
    To: 宛先となるメールアドレス
    Subject: メールの題名
    Date: 送信した日付と時刻
    X-mailer: 使用したメールソフトとバージョン
    X-User-Info:  送信者の接続元IPアドレス
  • 送信者の接続元IPアドレスこの情報はフリーメールサービスによってはヘッダー情報に付加されていることがある。
  • このアドレスさえわかれば、相手がどのプロバイダーを利用して送信してきたのかがわかる。

メールヘッダから相手を調べる

  1. メールヘッダ内の最後 Received: from を探す。
    Received: from ZZZZ.ne.jp([nnn.nnn.nn.nnn]) by dns.YYYY.co.jp
       (XYZ Mail Server System Professional 2.2.0, 15 Nov 2003)
       with ESMTP for xxxxx@YYYY.ne.jp;
       Wed, 28 Sep 2005 19:34:18 +0900 (JST)
    Received: from XXXX.ne.jp [nnn.nnn.nn.nnn] )
    emsp;  (authenticated bits=0)
       by WWWW.co.jp with ESMTP id jAY8S5aU036017;
       Wed, 28 Sep 2005 19:34:06 +0900
  2. その行中にあるプロバイダー名 XXXX.ne.jp [nnn.nnn.nn.nnn] の数字(IPアドレス)を探す。 (XXXX.ne.jp はなかったり"unknown"の場合がある)。
  3. XXXX.ne.jp のホームページにアクセスし、相談先を調べる。
  4. XXXX.ne.jp がない場合には、 WHOIS Gateway のホームページにアクセスし、最後の nnn.nnn.nn.nnn のIPアドレスの数字を検索キーワードに入れ、プロバイダを特定する。
  5. 後はそのホームページにアクセスし、相談先を調べる。

迷惑メール対策ソフトを利用する

オンライン上では、様々な迷惑メール対策ソフトが流通している。
これを使えば、ある程度、迷惑メールをブロックすることができる。

  • DeleMail (フリーウェア)
  • Delete On Server (フリーウェア)
  • SakuMail (製品)
  • MailGoGoGo (製品)
  • アンチスパム2000 (製品)

これらは、【VECTOR】【窓の杜】 などのオンラインソフトサイトからダウンロードして利用できる。



ネット犯罪ホーム |  個人情報の扱い | お問合せメール  | ネット犯罪法律と相談窓口 |  about us |  ブログ  | バックアップリカバリー