WindowsUpdateをしましょう − セキュリティの基本です

WindowsUpdate は ウィルス対策と並んでセキュリティ対策の基本です。
やっておかないと、ウィルスやスパイウエアのターゲットにされ易くなります。
Windowsの正規ユーザーとして登録しておけば、通常は 「自動更新」 通知してくれます。

Windows XPXP以外

Windows XP のアップデート方法

IEの「ツール」メニューから「Windows Update(U)」を選択して下さい。
ネットセキュリティ,Windows Update WindowsUpdate初期画面
こちらの画面から「高速インストール」と「カスタム インストール」が選べます。
「高速インストール」は「初心者向けに何も考えずにやって下さい」です。
ここでは「カスタム インストール」を使いますのでそちらをクリックして下さい
ネットセキュリティ,Windows Update
ネットセキュリティ,パソコントラブル 今まで一度もWindowsUpdateをやったことが無い人、あるいは久しぶりにやる人の場合は ActiveXの警告が出ますので、「はい」を押して下さい
ネットセキュリティ,Windows Update
ネットセキュリティ,Windows Update 更新のスキャン
スキャン中の画面です。意外と時間がかかるのでじっと待ちましょう
ネットセキュリティ,Windows Update
ネットセキュリティ,Windows Update スキャンが終了するとこの様な画面になります。
ネットセキュリティ,Windows Update
この時点でチェックが入っている「優先度の高い更新プログラム」はそのままにして下さい。

ネットセキュリティ,Windows Update Windows XP SP2について
XPのSP2(Service Pack 2)導入の時点でトラブった方は下のリンクなどを参考にしてください。
SP2の最大のポイントはセキュリティの向上で、アンチウィルスソフトの有無の確認や ファイアーウォールの標準化などですが、この部分に関していくつかトラブルが報告されています。
ほとんどはファイアーウォールが原因のトラブルですから、これを無効にすれば解決することが多いです。
この場合は何か別のファイアーウォールをキチンと導入する必要があります。
また、このセキュリティセンターは初心者には有効かもしれませんが、 ある程度セキュリティ意識のある方にはややヤッカイ物扱いされています。
Windows XP SP2のセキュリティセンターの停止方法 コントロールパネルから
「管理ツール」→「コンポーネントサービス」→「サービス(ローカル)」
「Security Center」を選んでダブルクリックします。
開いた画面から、「スタートアップの種類」を「無効」か「手動」を選択
続いて下の「サービスの状態」から「停止」をクリックします。これでOK。

Windows Update 更新が必要な項目について
基本的に「優先度の高い更新プログラム」はすべてインストールすることが必要です。
特別な理由がある場合以外は、スキャン終了後に「優先度の高い更新プログラム」が すべて選択されている状態で、右上にある「インストール」をクリックして下さい。 「追加で選択できる更新プログラム」の方はお好みでインストール対象からはずしても構いません。
WindowsUpdateを実行している間は他の作業はしない方が無難です。
ネットセキュリティ,Windows Update
ダウンロードが終了すると、「インストール状況」のゲージが動き始めます。
多少時間がかかりますのでじっと待ちましょう。
ちなみに、ダウンロード自体が終了してインストールしている間は、 インターネットの接続を切ってしまっても構いません。全て終了すると、
【正しく更新されました】
と表示されますので、「今すぐ再起動」をクリックして速やかにPCを再起動しましょう。


ネット犯罪ホーム |  個人情報の扱い | お問合せメール  | ネット犯罪法律と相談窓口 |  about us |  ブログ  | バックアップリカバリー