Web2.0的セキュリティ対策 シンクライアント・システム

Web2.0とは?

Web2.0は、技術・理論ではなく、マーケット手法の違い

  • ブログに代表されるユーザー参加型のモデル。
  • 多数の情報発信者による「コラボレーションによって、 より有益な情報が生み出される」という、集合知現象。
  • Web2.0は、単一の技術やキーワードを指すのではなく、 いくつもの要素が折り重なりパラダイムシフトが起こっていく中でのインターネットの変化を、 Tim O'Reilly(ティム・オライリー)氏らが言葉で表現したもの。
    2005年9月に同氏が発表した論文 「What Is Web 2.0」
2000年初頭のドットコム時代から、 今や、インターネットの世界は大きく変わりつつある。

Web2.0は今までのWebとどう違う?

「ユーザー参加型」インターネット

Web2.0時代 これまではインターネットを使って情報発信を行いたい場合には、サイトを作る必要があった。 これに対し、Web2.0の世界では、個人がより気軽に情報を発信できる場として、 ブログやソーシャルネットワーキングサイトが提供されている。
これにより、個人の情報発信が容易になり、人々の意見が積み上げられるようになった。 その結果、企業が莫大な投資をしなければ取りまとめられなかった情報が、 巨大な百科事典であるウィキペディアのように、個人の集合知によって形成できるようになった。
またサイトへの集客方法もメールマガジンを利用する方法から、 RSS(下記の関連キーワード参照)などへと変化している。
それをひと言で言うと、
「ユーザー参加型」インターネット
ドットコム時代の、一方通行の情報提供型から、
クチコミや投稿、コミュニティなどを通して、 ユーザーの声を集約し 整理した情報を提供する、双方向型ネットのことだ。
代表的な例が、
mixi ⇒ http://mixi.jp
はてなアイデア ⇒ http://i.hatena.ne.jp/
利用者が思い思いの情報を公開し、 それらがクチコミ情報源となり、 消費行動のキッカケをおこす。
思想的・宗教的に利用されたら、ちょっと怖い....

広告モデルの変化

  • これまでのWeb広告は、サイト訪問者数の多いサイトにバナー広告などを出稿し、 できるだけ多くの人々の目に触れさせようとするマス広告が中心。
  • Web2.0的広告は、「Google AdSense(グーグルアドセンス)」のように、 サイトに関連するキーワードを元に広告を表示する検索連動型広告が主流。
  • 検索連動型広告は、個々の思考に合った広告の表示を可能にするため、 ごく少数の人に共感されるマニアックなサイトであったとしても、 キーワードと合致すれば広告が掲載される。
  • ニッチ層に向けた広告掲載が可能となることで、 これまで一部の人にしか需要がなかった商品のプロモーションが容易になる。
  • 多品種少量のマーケットである「ロングテール」を生み出すこととなった。

インターネットで動く高度なサービスを誰もが無料で利用できる

これまで地図や気象情報を、個人のサイトに使用することは権利関係上難しかった。 Web2.0の世界では、WebAPI(下記の関連キーワード参照)が提供されるようになったことで、 このような情報を個人サイトで無料で利用できる環境が生まれてきた。

  • Google Map
  • Googl Earth
  • Officeツール群
  • Web Mail

Web2.0の技術的要素

Web2.0は次世代インターネットを象徴する概念であるため、 単純に要素技術だけでは言い表わせないが、 これまで登場してきた技術を道具としてうまく活用することで、Web2.0という概念を現実化した。 「RSS」という技術により、自分が発信した情報も広く告知することができるようになった。

  • RSSにより、これまで切り離されていたWebサイト同士が結び付き、 関連情報を効率的に見せる環境が構築されつつある。
  • こうした技術はブログやソーシャルネットワーキングサイトでは、既に導入されているところが多い。

    Web2.0的迷惑メール対策

    迷惑メールフィルタ「Sendmail Mailstream Manager Anti-Spam」と 統合管理ソフト「Sendmail Mailstream Manager」を搭載し、 テンアートニがアプライアンス化とシステムインテグレーションを担当する。 長年センドメールの販売パートナーとなっていたCSK Winテクノロジは、 製品のサポート、プロモーション、パートナー開拓や支援などを行う。 センドメール 社長の小島國照氏 スパムフィルタ技術は多様化しており、 品質もさまざまで検知率が30%〜99%と幅広いことを指摘する。 また、スパムフィルタにはチューニングの手間や誤検知による 管理者の負担などがつきものだとされていることから、 「チューニング不要で限りなく誤検知が少なく、管理者負担がゼロに近いスパムフィルタが求められている」と話す。  ENBスパムフィルタは、「Web 2.0的なコラボレーション方式のフィルタ技術を採用している」と小島氏。 つまり、従来のスパムフィルタに採用されているベイジアンフィルタや キーワードフィルタなどのアルゴリズムは利用せず、 ユーザーから報告されるスパムメール情報を基にスパムか否かを判断するための情報をデータベースに登録し、 それら参照することでスパムメールを特定するのだ。  センドメールの製品は、すでに多くの企業やISPで採用されており、 ユーザー数は全世界で約1000万人に上る。 これに約1000万人のオープンソースのスパムフィルタのユーザーからのフィードバックも加え、 スパム情報を蓄積する。ここで、同社独自の「信用度評価システム」により、 スパムをレポートしたユーザーの信用度を判断、信用度に基づいた重み付けをした上で 登録サーバにスパム情報を登録する。  このようにユーザーのコラボレーションによってフィルタの精度が高まるため、 同製品のスパム検知率は98%以上で、 正規メールが迷惑メールと判定される誤検知(フォールスポジティブ)率も0.0001%と、ほぼ0%に近いという。 「ベイジアンフィルタなどのように、精度を上げるためのチューニングも必要ない」(小島氏)  ENBスパムフィルタは、主に中小規模ユーザーをターゲットとしているが、 大規模ユーザーに対しては、テンアートニが個別に 富士通の「PRIMERGY」サーバなどを利用したシステム構築にも対応する。  販売価格は、100ユーザー用の「EasyNetBox for Spam Filter 100U」が65万5000円(税別)、 200ユーザー用の「EasyNetBox for Spam Filter 200U」が81万円(税別)。 販売開始より3カ月で約300台の販売を目標としている。

  • シンクライアント(Thin Client)とは?

    企業の情報システムにおいて、社員が使うコンピュータ(クライアント)に最低限の機能しか持たせず、 サーバ側でアプリケーションソフトやファイルなどの資源を管理するシステムの総称。 また、そのようなシステムを実現するための、機能を絞った低価格のクライアント用コンピュータ。  企業に高性能なパソコンが普及するにつれて、 アプリケーションソフトのインストールやバージョンアップ、 複雑化する一方のハードウェアのメンテナンスなどにかかる運用・管理コスト(TCO)が無視できない問題となってきた。  そこで、一般社員が使うクライアントコンピュータには複雑で高価なパソコンは使わずに、 表示や入力など最低限の機能のみを持った低価格な専用のコンピュータを配備し、 アプリケーションソフトなどの資源はサーバで一元管理することにより、 運用・管理コストの削減をはかるシンクライアントの考え方が登場
    シンクライアントとは?

    Web2.0の技術とビジネス

    • Microformats
    • Web 2.0 ビジネスの構造
    • 顕在化しているマーケットと潜在的なマーケット
    • Web 2.0 成功企業の成功事例
    • Web 2.0 ビジネスを成功させるための注意点
    • Web 2.0 での成功のポイント
    • 今後期待できるWeb 2.0マーケットとビジネスモデル

    Web2.0時代ネットビジネスの成功のキーポイント

    重要な情報源がユーザー自身のクチコミ情報にあるのなら、 そのユーザーの情報を集めて、 それを快適に引き出すための仕組みを 提供できる者。 が成功しそうだ。 要は、ジャンルを絞った情報提供と そのコミュニティの仕掛けを 早く作っていくことに答えがある。 ビジネスのネタは誰もが持っていて、 人より少し早く成功するためには、 それをかき集める入れ物を、少し早く作ることだ。

    Web2.0時代は、情報の広い集めと分かち合い

    大きな情報を持つものが勝利者になってきた時代と違い、 グーグル・アドセンス アマゾン などの例にあるように、 今まで、誰も見向きもしなかった、 細かい情報を拾い集め、提供していくこと つまり、 ロングテール戦略 が勝利者になる時代だ。 つまり、個人でも勝利者になれる時代が、 Web2.0的ネットビジネス。 細かい情報をかき集める入れ物(コミュニティ)を用意し、 たとえ、それが最初は、 ほんの少しのページビューしかない媒体でも、 キーワードをうまく使って見せていけば、 いつの間にか、絶対的な人気サイトになる 可能性がある。 Web2.0時代は、誰にでもビジネスチャンスがある 要は、世の中にあるツールを うまく利用することだ。

    ロングテール戦略のお役立ちツール

    そのお役立ちツールを一つだけ紹介します。 有料ですので、自分なりに中身を吟味してください。 筆者は、この有料ツールは使っていませんが、 実は、同じようなものを、自作しています。 ロングテール戦略は、 自動化できるものはツールに任せないと、追いつきません。 ⇒ http://navi-club.jp/book/magad_011 複合キーワードを自動生成してくれるツールです。 30分考えれば検索数3万以上、 競合数10万以下のキーワードが見つかるそうです。 他人が気がつきにくいキーワードも発掘可能。 おまけ情報としてページランク5、6のサイトのトップページから リンクをもらう方法や、 3〜5万円で現在も販売されているツールを 無料で入手する方法(完全合法)のレポートもあり。

    Web2.0の技術的要素

    Ajax(エイジャックス)

    どういうもの?
     Asynchronous JavaScript + XML の略称で、以前からウェブブラウザで利用できるJavaScriptを使って、 非同期に情報を取得しインタラクティブに動作するウェブサイトの開発技術の総称。 以前からも利用されている技術だが、WebAPIを利用する際にAjaxを活用することから、脚光を浴びている。 今週のキーワードとの関連は?   Google Mapに代表されるインタラクティブ性やギミックの面白さを実現するWebAPIの登場で、 Ajaxが広く知られたと同時にJavaScriptの有益性も再認識された。 Web2.0を実現する基本技術として多くのブラウザで利用できる言語だけに、 その利用手段の広がりが注目されている。

    RSS

    どういうもの?  Webサイトの要約を、意味記述言語であるXML形式で記述した情報。 現在、ニュースサイトやブログの多くがRSSに対応している。 XMLであるRSSは、定型のフォーマットで記述しなければならないが、 ブログはあらかじめ決められたフォームで更新を行っているため、 利用者は意識しないでもRSSを生成することができる。 今週のキーワードとの関連は?  蓄積された情報がサイト内で利用されるだけでなく、 他サイトへも的確に情報を提供する形式としてRSSが利用されている。 自社サイトだけでなく、他サイトとも有機的に連携できる仕組みがWeb2.0的な利用方法のひとつ。

    SNS(Social Netwoking Service)

    どういうもの?  SNSを利用している参加者同士の友人を紹介しあうことで、 新たな人間関係を作り出すコミュニティ型のWebサイト。 誰でも自由に参加できるタイプと「既存の参加者の招待がないと参加できない」タイプのサービスがある。 今週のキーワードとの関連は?   Webサイトを介して情報発信するSNSは、Web2.0の代表的なWebサービスのひとつである。 利用者が書き込む情報が相互に影響しあうことで、より信頼性の高い情報が蓄積されていくことになる。

    API(Application Program Interface)

    どういうもの?  APIとは、OSやミドルウェアといった、 利用状況がある程度決まった開発を行う際に使用できる命令や関数群を指す。 すべての機能をプログラミングするのは困難で無駄が多いため、 共通して利用する機能を使用することで、比較的容易に複雑な機能を利用することができる。 今週のキーワードとの関連は?   Web2.0では、多くの人に利用してもらえるサービスを一般に広く提供すると同時に、 プログラム開発を短期間に行うために必要な機能を、WebAPIとして提供している。 これによりJavaScriptを利用したマッシュアップ等を容易にすると同時に、安定した動作を実現している。

    ネット犯罪ホーム |  個人情報の扱い | お問合せメール  | ネット犯罪法律と相談窓口 |  about us |  ブログ  | バックアップリカバリー