携帯メール・インターネットから子供を守る方法

子供を守る基本3対策

迷惑メール対策 携帯メール編  | パソコンメール編
有害情報対策 フィルタリング機能を使う
利用状況のチェック 親としての義務

パソコンを守る基本3対策

総合ウイルス対策 ウィルス/スパイウェア/不正アクセス/情報漏えい対策
Windows Update セキュリティホールを塞いでガードを固める
Internet Exploler の基本設定 基本設定でセキュリティアップ

家でできるインターネット・セキュリティ対策

ネットの安全利用のためのセキュリティ対策には、
ウィルス・チェックスパイウェア対策個人情報保護対策
不正侵入対策迷惑メール対策機能 など、
昨今の多彩で高度なインターネット犯罪を反映して、多くの機能を必要としている。
プロバイダーのセキュリティ対策サービス もがあるが、多くはウィルスチェックのみで、 気休め程度と思った方が良い。
市販のインターネットセキュリティソフトには、1本だけでこれらの機能のほとんどが網羅されている。
家庭用パソコンのセキュリティ対策として、必ず導入するようにしよう。


コンピュータウィルスの感染ルート

  • フロッピーディスクなどの書き込み可能記憶媒体から
  • ネットワークからダウンロードしたプログラムに含まれている場合
  • メールの添付ファイルに含まれている、あるいは添付ファイルがウィルスプログラムそのものの場合
Windowsユーザーにとって、アンチウィルスソフトの導入 は義務です。
ウィルスに侵され、クリーンインストール(システムリカバリー) をする羽目にあわないためにも、
そして、スパイウエアによって個人情報を抜き取られないためにも必須です。
そして、必ず 定義ファイル をアップデートすることです。
多くの場合はデフォルトで定期アップデートしてくれるはずですが、自分でも時々チェックしましょう。 定義ファイルのアップデート無しでは、今現在流行っているウィルスに対して無効なので入れてないのと 同じ事になってしまいます。

ネット犯罪ホーム |  個人情報の扱い | お問合せメール  | ネット犯罪法律と相談窓口 |  about us |  ブログ  | バックアップリカバリー