Latest News
Sample Article
2020年8月1日

LINEの投稿設定は安全ですか? 実は見られてる? LINEタイムライン

LINE(ライン)の友だちと気軽にチャットしたり、手軽に情報シェアしたりするのに便利な「タイムライン」。 しかし、タイムライン投稿には「公開範囲」があり、設定次第では自分が知らない人にまで勝手に公開されてしまう可能性があります。 子供が知らぬ間に成り済ましの大人に騙される入り口がそこにあります。

Sample Article
2019/9/1

子供をネット犯罪から守る予防法

子供が、親の知らぬ間にインターネットやパソコンにはまり、 被害者・加害者にならないためには、キチッとした予防策による監視が必要です。 パソコンの全ての利用状況を正確に記録し、 不正使用やファイルアクセスなどをチェックしておくことは、特に家庭での管理に必要です。

USBガード
2020年5月16日

USBメモリーも、暗号化で安心

USBメモリやUSB外付けハードディスクはる暗号化をかけておくと安心です。 USBデバイスをまるごと暗号化できるソフトを使えば、機密文章など重要なデータを持ち歩く際に万一紛失しても安心です。 暗号化には、高度な128ビット鍵を使えばまず破られることはありません。

Sample Article

無料のセキュリティソフト

セキュリティソフト未導入のパソコンでおかしな症状が出たら、 まずは、無料のオンライン・スキャンでチェック!
ただし、これらのサイトはキャンしてウィルスを見つけるだけで、多くの場合は除去できない。 ウィルスが見つかったら、「セキュリティソフトを購入の上、除去」が必要。

Just Another News
Sample Article
2020/6/20

ウィルスの90%は迷惑メールから

  • 大半は迷惑メールと怪しいダウンロードサイト、特に圧縮ファイルを解凍した途端に侵されるケースや、 電子メールの添付ファイルでやってくるものが多い。
  • これらの多くは、自動的にメールソフトのアドレス帳を参照して勝手に自分の分身を送信してくる。
  • WebやFTPで公開しているプログラムや文書ファイルにウィルスが付着、というケースも発生。

提携
Sample Article
2020/5/16

スパイウェアによるコンピュータへの不正侵入

  • ネット接続のパソコンの内、既に80% もが何らかのスパイウエアが侵入。
  • ユーザーには侵入されているかどうかを判断できない。
  • 最近のスパイウエアはかなり高度化していて、インターネット常時接続のユーザーは、セキュリティソフトでの対策が必須。
Sample Article
2020/4/1

大量の無差別な迷惑メール(SPAM)

  • 大手メールアドレスブローカーでは何十万単位のアドレスを保有。このメールアドレスが企業間で売買。
  • 無差別ダイレクトメール(SPAM:スパム、迷惑メール)の大半は、これらの名簿による。
  • アメリカをはじめ一部の国ではこのようなSPAMを法律で規制、あるいは禁止。

Best Of The Week